【Blog】 エンジンが止まる!@修理ご依頼

alto-1.jpg


スズキ・アルトの修理ご依頼。


・主な現象
バッテリーが上がり、エンジンが停止する (再現性有り)



・入庫までの経緯

先にスズキディーラーで整備を受けた所、オルタネーター[発電機]とエンジンを繋ぐ
ベルトが悪いと診断され、同ディーラーにて交換。
   ↓ ↓ ↓
間もなくバッテリー上がりとなり、再度エンジン停止。
   ↓ ↓ ↓
お客様にて、カー用品量販店でバッテリーを購入し交換。(しかもスゴく高価な...)
エンジンの始動に成功するも......
   ↓ ↓ ↓
またもやバッテリー上がりによるエンジン停止。
   ↓ ↓ ↓
偶然通りかかり当店へ



・故障原因の診断
お車のエンジンルームを拝見したところ

まず 鼻を突くニオイ! 


交換されたばかりのベルトが溶け、切断されてました。

alto-3.jpg



オルタネーター[発電機]自体が壊れているようで、写真よりプーリー周りの
汚れ方から解るとおり、正しく回らずにベルトを焼いてしまった様子。



alto-2.jpg



さらに!

オルタネーターを外そうとしてみると、締め付け作業時の不備により
ねじ山が切れてしまってます


alto-5.jpg


オルタネーターの故障とネジ山の破損は関係が無いものの、直前のベルト交換時には
一度は弛められているはずのボルト......。さらには交換したベルトまでダメにしてしまった
今回の不具合は、オーナー様からすれば不運の連鎖以外なにものでも有りません。



・修理内容

当店では、この故障したオルタネーターをリビルド品へ交換。
切断されたベルトは新品へ交換し、ねじ切られていたオルタネーターを
固定している台座と該当のボルトを新品へ交換。
さらに放電しきってしまったバッテリーの再充電をして完了です。



外出中に同じトラブルに見舞われたオーナー様は、さぞや大変な気苦労と
出費が嵩んでしまった事だろうとお察し致します。大きなトラブルになる前に
日常からのお気づきになった不安点などをお気軽にご相談頂ければと思います。



オートサービスグリップでは、一般修理~車検、お車に関する全てを承ります。
修理に関しては、リビルド品(専門業者による再生品)の使用にも対応し、
お車の修理金額を抑える事が可能です。 
何かお困りの際には、まずは当店にご相談下さい。