雪遊びのお供には、スタッドレスタイヤを!!

tire and wheel.jpg

数年ぶりに関西地方を覆った大雪もまだ記憶に新しく
強い風と冷え込む気温が続きますね。

今回のお客様はスタッドレスタイヤ寿命の為、新しいスタッドレスタイヤへの
履き替えにお越し頂きました、レガシィワゴンにお乗りのT様になります。


bp-5 rear.jpg
なぜ、装着した写真じゃないんだ......。(´-ω-`)


T様は今シーズンまでは旧スタッドレスタイヤで過ごすご予定でしたが
遠出をされる事が多いT様はその溝さえも使い込んでいた為、例の大雪には
苦労されたとの事。 ご家族の事も考え、今シーズンを安全に乗り切るべく
交換のご用命頂きました。

大雪の際に一気にお問い合わせが増えたスタッドレスの在庫ですが
季節商品ですので、メーカー在庫次第では出来たての新品在庫を
ご用意できない場合も考えられます。 今一度タイヤのコンディションを
確認いただきまして、来シーズンからは早めのご予約をオススメ致します!


さて、スタッドレスタイヤの寿命をご存じですか?

諸説御座いますが、概ね3年と言われているんです。

意外ですか?

3年という期間はゴムの変質を元に言われている目安で、
通常のタイヤの様に残り溝の深さなどとは違う理由なのです。

一度でもスタッドレスタイヤをご利用になった事がある方には説明の
必要は無いかと思いますが、通常タイヤと比べ、運転して覚える違和感が
示す通り、指で押せば歪むほどにスタッドレスタイヤは柔らかいゴムで
作られています。
雪などで滑りやすい路面でも安心してドライブできる為の性能は
スタッドレスタイヤ特有の柔らかくも弾性のあるこのゴムにあり、これが
概ね3年でその特性を失ってしまう傾向にある事が所以なんですね。
(オフシーズン中の保存条件にもよります)

一度の事故を起こすと、タイヤ代以上の負担が発生しかねません。
溝があるのにも関わらず、古くなっただけのタイヤを廃棄するのは
心苦しいとは思いますが、旅先での事故は折角の旅行計画が丸つぶれに
なります。 同乗者やドライバー自身の為にもタイヤ管理はしっかりと行いましょう!


シーズン始めのスタッドレス履き替えラッシュは一段落しましたが
これから休みを取得される方は、ぜひ当店にご用命下さい。


オートサービスグリップでは、皆様のカーライフに合ったアドバイス、
商品情報のご提供など、あらゆるジャンルにお役に立てる様に努めて
下ります。 お車の事でご不明な点などありましたら、まずはご来店ください!