MR-S 車両メンテナンス

mrs-1.jpg


ドライブシャフトの破れでご入庫頂きましたが、オーバーホールの際、足回りにガタつきが
発生している事が判明しましたので、そちらも含めてメンテナンスを行いました。

原因は3つ。
最初の一つとしてはサスペンションブラケットの緩み。
 → これは良くあるトラブルで締め直しにより完了。

次の一つのトラブルがアッパーマウントの不具合。
ゴムブッシュを入れる部品に不具合があって変形していました。
 → 交換すると部品代が高いので、今回は部品を加工修正して再利用
                            ↓ ↓ ↓

mrs-3.JPG
                                              ※加工前

最後の一つはショックアブソーバーの不具合。
ストラットサスペンションはロワアームにより支持はされてはいますが、他の支持点が
アッパーマウントだけになる為、サスペンションへ横方向から掛かる入力に対しては
ショックアブソーバー本体に掛かる事になります。

正立式ショックアブソーバーでは細いピストンとロッド、その支持部に負荷が集中する為、
通称"中折れ"が発生しオイル漏れなどのトラブルに繋がる事が有名ですね。
今回のMR-Sに使用されている物は倒立式で、正立式との違いは取り付け方向は
言うまでも無く、ロッドをシリンダで囲う事により本体自体の剛性が高い事が上げられます。

しかし、足回り全体で見るとサスペンションの機構上どうしても負荷の集中は避けられず、
大きなキャンバー角、ハードな走行により損耗の度合いが高くなります。
今回はそのショックアブソーバー本体のシリンダーにガタが発生していました。
 → オーバーホールにより解消。


サーキット走行などハードに使用されるお車は定期的にチェックするようにして下さい。


普段から走行状態を把握し、メンテナンスしているお車ですと
調査しやすい部分もあります。 結果的に大きなトラブルになる前に発見する事に繋がり、
同じ損耗に対しても費用を抑える事が出来る事にもなります。

普段から自身でのチェック、通いのお店で状態の把握をしてもらう事が
いざという時に大きな違いになりますよ!



今、通われているお店は愛車の事を "解ってくれている" お店ですか?

月1の空気入れ、定期的なオイル交換などで通いのお店を、是非作って下さい。



オートサービス・グリップでは、愛車について全てお任せいただける様に努めて参ります。
量販店にしか通った事が無い方も、お気楽にお越し下さい。
和歌山弁丸出しの店長が皆様のお越しをダラダラとお待ちしておりまーす。