【Blog】 86 と BRZ が発表になってますね。

数日前から ハチロク「86」 の発表ニュースが報道されています。
昨夜もワールドビジネスサテライトでは そのハチロクの開発風景と
今後の発売予定とされている、データロガーの紹介もされていました。

そしてスバル版の86とされる BRZ のプロダクトモデルも発表になりました。
これまでスペックが違う。デザインが違う。いやエンブレムだけが違う。などなど
言われて来ましたが、両車出そろってから書かれている記事を見ると
エンブレムは言うまでも無く、エクステリアではヘッドライトが大きく違います。


ハチロクは1灯と一直線にならんだAUDI風LEDのポジション。

BRZ-front2.JPG



BRZは同じく1灯とEL管っぽく見えるコの字型のLEDポジションにウインカーが一体型。
バンパーにはフォグのみ。

BRZ-front.jpg



バンパー形状も見ての通り、86ではホイールアーチがバンパーまで続くイメージ。
こちらはバンパーにウインカーが設置されています。

86-front2.JPG



BRZは、なんかフツー。鼻先がデミオっぽい。

BRZ-front3.JPG


後の動画に有るので画像は割愛しますがフェンダーに付くエンブレムの有無。
86には86の文字とBOXERエンジンの意匠を合体させた様なエンブレムが...。
一方BRZにはダミーのスリットに変わってます。 (どっちもどうかと思いますが)

写真を比べればマフラーカッターが違うもの有りましたが、オプションか何かでしょうか?
両車ともリア周りは同一との事らしいです。

仕様としては足回りの設定が異なる様子。 比較されていないので解りませんが
有るとしたら、スバルがOEMのステラでやったような微々たる差じゃないかと
思うのですが、詳細は不明ですね。


TOYOTA 86



           
SUBARU BRZ


インプレッション





デザインについては予想通りですが、これまでリークされていた
コンセプトモデルやショーモデルから大きく変更された結果となりましたが
カスタマイズして乗って欲しいという念もあるらしく、落としどころとしては
良いのかな?と思いました。 アフターパーツのラインナップを計る為に
一部メーカーにはパーツ製作に必要な設計図を提供しているそうです。
(外装の話だと思いますが。) 

話は逸れてしまいますが、冒頭のWBS内で「データロガー」の開発も
放送されていました。ロギングしたデータはPS3のグランツーリスモ5へ
add-onが出来るようで、サーキットの実走行データをゲーム収録されている
リアルサーキットでのリプレイで自身の走りが再現可能でした。

開発車曰く、これにより自身のリアルドライビングとの競走が可能。
もちろん他者のデータとも可能となる事らしいです。 リアルドライブを楽しむ
要素を大きく広げるものだとGTシリーズ開発者の山内さんや他関係者により
語られていて、実際にFujiSpeedwayでのデータで比較されていましたが、
なかなか楽しそうでした。 
実際にスピンをさせてみてGT5内との比較もしていましたが、スピン自体は
ほぼ一緒の結果に。 回りきった車両位置が違ってた気がしますが
仮想空間の車両を物理シミュレートしたものと実車両にはタイヤなどの消耗部位や
試作車との重量差があるので、そのせいかも知れませんね。
これまでは叶わなかった商品・サービスへの付加価値がどう認められるのか、
今後の動向に興味が沸きますね。

さて、この86とBRZは一応表向きは新しい世代に売る為と言ってますが、
若い世代に売るには大したイメージを持っていないはずの旧車名を名付ける当たりや、
買う買わないの比率より根本として若い世代の全体数が大幅に減少していく中で
敢えてコレをやっていると言う事は、子育てが終わったとされる40代半ばから
50歳代がメインターゲットになっていると思えます。 実際にコンソールの全体の
直立した感じ、時代に逆行する様に左右に対して中央が凹んでいるデザインや
操作系が三連メーター風にレトロ感を出しているあたり、主張に反していますよね。

in-pane.JPG



本当に若い層を獲得するには、メディアやオンラインでも価値あるものにしないと
難しいでしょうね。 2ドアクーペにもう一度需要が起こるのか否か?
さらに、スポーティモデルが枯れることなく続く日産、小型枠で幅を利かすスイフトの
スズキに、乗ってみると意外に楽しいコペンのダイハツ。全てのスポーツモデルを
無くしてしまったホンダはどう出るのでしょうか? 大きく盛り上がるそうに無いと
言う事で静観を決め込むのもアリだと思うのですが、乗り込んでくるとしたら本命に
なるかも知れませんね!

ただ、HVなどECO関連以外では話題が無いので、今回のデビューは少々過熱気味に
報道されると思います。 Z33の様に出足好調で売れたは良いものの、2人乗りの不便さから
初回車検で手放す人続出=相場ガタ落ち。となる可能性も有るので、注意も必要かも。